スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり血は、争えないのでしょうか・・・

2006.10.07.Sat.23:54
あいかわらずいつも予告の多いSさん。

やはり血は争えないようで

娘さんもお母さん程ではないのですが

やはり予約はするのですが半々ですかね。

来たりこなかったり・・・。

もう店のみんなも慣れたもんですが



今日も応援のクリックおねがいします。


この間はびっくりしましたね。

前日の金曜日の夜7時に娘さんの予約が入ってました。

例のごとく、予約とは名ばかりの予告だったようで

当然行けないと言う電話もなく、その日は来ませんでした。

そして土曜日、3時くらいだったと思います。

たまたま電話にでたのは,僕でした。

[はい、美容室○○○のいぶきちでごさいます。」

と、電話に出ると

「あっ・・・店長!!Sですけど昨日は娘がすいませんでした。」

「いえいえ、いーですよ。」

「で、今日はこれから大丈夫ですか。

ちょっとこのあとは予約が一杯なので

今日はもう受け付け終了なんですよ。」


土曜日の3時ですからね。

どこの店もそのくらいの時間になると

もう最終受け付けまで予約がうまっている頃ですよね。

まぁ空いてる時もたまにはあるのですがやっぱり土曜日ですからねぇ。

「えーっ誰でもいいんですけど・・・

娘が今日どうしても切りたいって言うんですよ。ダメですかね?」


「すいません。土曜日なんで・・・

スタイリストみんな予約入っちゃってるんですよ。」


入れてあげたいのは山々でしたが

本当予約がつまってましたからね。

そこで諦めると思いきや、さすがSさん普通の人とは違いましたね。




「しょうがないですね。

じゃあ、予約のキャンセルがあったら電話貰えますか?

どうせ、キャンセルありますよね。」




「はぁっっっ???」



思わず声に出ちゃいました。

そうです。そういう人なんですよね。

でも、普通のお客様ならともかくSさんの事です。

電話しても、こなそうじゃないですか。

しかし、そこで言い合ってもしょうがないので

「わかりました。じゃあ、キャンセルがあったら連絡しますね。」

と、言って電話を切りました。

僕はこの時、悟りました。

Sさんは根本的に、みんなもSさんみたいに

予約はするけど、キャンセルやドタキャンをするもんだ。

って思ってるんだって。

結局キャンセルやドタキャンはなく

Sさんに電話を入れることは、ありませんでしたけど・・・。

そういう考え方の人もいるんですね。



今日も応援のクリックおねがいします。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。