スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばちゃんパーマ

2007.01.13.Sat.00:17
昔はよかったんですよね。

カラーしてても白髪染め

矯正パーマはなく

シャギーのいれすぎで、すかすかの髪の人はまずいません。

で、パーマの巻き方はほとんどオールパーパス。

パーマを巻くにあたって

あまり考えずに巻いてもなるようになりましたから・・・。


ヘアケア・スタイル Ranking


最近、いくらデジタルパーマブームとはいえ

都心の方の美容室や有名店以外は

まだまだ昔ながらの

オールパーパスのおばちゃんパーマが多いのが

現状ではないでしょうか。

おばちゃんパーマと言うと聞こえが悪いですね。

置換変換のみのパーマ。

簡単に言うと髪が痛んでない。

カラーをしていたとしても白髪染めのみ

あまり髪をそいでない状態だと

綺麗にかかるパーマって所ですかね。

カラー、矯正ストレート、シャギーが流行るまでは

よかったんですよね。

ある程度狙いどうりのウェーブが出た訳ですよ。

置換変換のコールドパーマだけでも・・・

美容師が選択するのはロットの大きさと薬だけですからね。

テクニカルの部分は前に巻くか後ろに巻くか

(フォワードかリバースか)

毛先の方だけ巻くか・・・それくらいじゃないですかね。

ロットの大きさは緩めだったら大きくして

強めだったら小さくして

薬にしても、かかりにくそうならチオグリコール酸で

コシがないようならシステインで・・・

それくらいの知識があれば上手くできましたからね。

ここ10年前くらいまでは・・・。



まだ・・・続きます。
ヘアケア・スタイル Ranking


コメント
いつも面白いブログを楽しみに拝見しています!今後も応援してます(^O^)/

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。