スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛皮のコートの艶って・・・その2

2007.01.25.Thu.00:06
縮毛矯正のストレートなんかもそうですが

普通のパーマ液よりも強い薬を使って

180度のアイロンでプレスするわけですから

痛まないはずはありません。

でも、ばさばさの艶もないくせ毛の人が

縮毛矯正ストレートをやったら

やった始めの頃は髪がさらさらで良くなったように感じませんでした?


ご協力おねがいします。ヘアケア・スタイル Ranking


事実縮毛矯正ストレートが世に出た頃は痛まない。

むしろ髪の質を良くするって言ってましたから・・・。

このブログでも何度か書きましたが縮毛矯正ストレートは痛みます。

でもさらさらになりますよね。

上手くやってもらえれば・・・

痛めてるのに良くなって見えている訳ですよね。

まぁアイロン自体、どんなに痛んでいる毛にやっても

濡らさなければ綺麗に見えますからね。

話しが戻りますが、毛皮のコートの話

あれは無水亜硫酸と言う薬が使われています。

メジャーなパーマ液のチオグリコール酸

同じアルカリ剤で非常に強い薬です。

これで熱処理をおこなっています。

この薬を使って熱処理後に酸リンスをすると

何日か前に書いた。

シャンプーとリンスの関係のように

ブント艶ができます。

しかも加水分解されているブント艶なので持続性があります。

このブント艶が毛皮のコートの艶だったりやわらかさだそうです。

じゃあこの薬でパーマをかけたら・・・。

かかるんですよ。

チオグリコール酸よりは弱いけどかかるんですよね。

かかるにはかかるけど・・・問題があるんですよね。



ご協力おねがいします。ヘアケア・スタイル Ranking


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。