スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプーに配合されている活性剤

2007.04.23.Mon.01:29
この資料はちょっとなかなか見れないと思いますよ。

上手く書けなくて、ちょっと見ずらいと思いますが

シャンプーの洗浄基剤とその特徴を書いておきました。

自分の使っているシャンプーと

照らし合わせてみてください。


続きを見る前にご協力お願いします。
 ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
アニオン活性剤(マイナス)



高級アルコール系 ラウリル硫酸Na    
(ラウリル系)  
             ラウリル硫酸アンモニウム 
         
             ラウリル硫酸TEA 

 洗浄力◎ 刺激× 泡立ち◎ 成分解性○ 色持ち×

油っぽい汚れている人用

安価な活性剤。刺激性・蛋白質変成作用がある。
浸透性がある。アレルギー性があるため旧指定成分。 


高級アルコール系 ラウレス硫酸Na               
(ラウレス系)  
             ラウレス-2硫酸アンモニウム 

             ラウレス-5硫酸Na 
         
             ラウレス硫酸TEA    

 洗浄力◎ 刺激× 泡立ち◎ 成分解性○ 色持ち×

油っぽい汚れている人用 

刺激性・蛋白質変成作用がある。浸透性はない。
アレルギー性があるため旧指定成分。 

ラウレス=ポリオキシエチレンラウリルエーテル



α ーオレフィン系  オレフィン(14-16)

              スルフホン酸Na

 洗浄力◎ 刺激△ 泡立ち◎ 成分解性○ 色持ち×  
  
洗浄力が高く、泡立ちも良好な活性剤。高級アルコール系よりも
刺激性がやや弱くなる。

アミノ酸系

グルタミン酸系 ココイルグルタミン酸Na
        
           ステアロイルグルタミン酸Na
 
           ココイルグルタミン酸TEA

           ラウロイルグルタミン酸Na

 洗浄力△ 刺激◎ 泡立ち△ 成分解性◎ 色持ち○

損傷毛、乾燥毛、デリケート毛

グルタミン酸というアミノ酸を元に作られています。皮膚や目や毛髪に対してとても優しい低刺激の活性剤です。洗浄力は強くなく泡立ちもよくありません。コンディショニング性が高く高価な活性剤です。

 
アラニン系  ラウロイルメチルアラニンNa

         ココイルメチルアラニンNa

グリシン系  ラウロイルサルコシンNa

         ココウルサルコシンNa

 洗浄力○ 刺激○ 泡立ち○ 成分解性◎ 色持ち○

損傷毛、デリケート毛

アラニンあるいはグリシンというアミノ酸を元に作られています。皮膚や髪(特にキューティクル)に対してやさしい活性剤です。グルタミン酸よりも洗浄力や泡立ちが良くなっています。


タウリン系  ココイルメチルタウリンNa

         ラウロイルメチルタウリンNa

 洗浄力○ 刺激◎ 泡立ち○ 成分解性◎ 色持ち○

損傷毛、デリケート毛

含硫アミノ酸といわれるタウリンから作られる活性剤です。AMTと呼ばれている物。皮膚や髪(特にキューティクル)に対してやさしい低刺激の活性剤です。



たんぱく質由来系 ココイル加水分解コラーゲンNa

 洗浄力△ 刺激◎ 泡立ち△ 成分解性◎ 色持ち○

損傷毛、デリケート毛、乾燥毛

コラーゲン等のタンパク質を加水分解して得られるポリペプチドを元に作られている。皮膚、毛髪のタンパク質と類似しており、親和性があるのでコンディショニング性が高く毛髪補修効果がある。高価な活性剤。


スルホコハク酸系 スルホコハク酸ラウリル2Na

             スルホコハク酸ラウレス2Na

 洗浄力○ 刺激△ 泡立ち○ 成分解性○ 色持ち△

普通毛

泡の持続性の優れている。他の活性剤と組合わせると起泡力が増す。高級アルコールを原料としているが、高級アルコール系よりも皮膚刺激がやや弱くなっている。


石鹸系  

アルカリ石鹸系 オレイン酸Na
        (脂肪酸)
 
 洗浄力◎ 刺激× 泡立ち◎ 成分解性◎ 色持ち××

油っぽい、汚れている人

いわゆる石鹸。成分解性が高く、洗浄力はあるがphが高いため皮膚への刺激がある。また、水の中のカルシウムイオンなどと結合してスカム(石のかすのような物)を作り髪に吸着して髪が硬くなる。


酸性石鹸系   ラウレスー3酢酸Na

 洗浄力○ 刺激△ 泡立ち○ 成分解性◎ 色持ち○

普通毛

アルカリ石鹸を改良した物。成分解性がよく適度な洗浄力がある。弱酸性なので刺激が緩和されている。合成の油を原料としており、高級アルコール系に類似している。

アミドエーテル硫酸系 PEG3-ヤシ油脂肪酸

                アミドMEA硫酸Na

 洗浄力○ 刺激○ 泡立ち○ 成分解性◎ 色持ち○

普通毛

高級アルコール系とほぼ同等の泡立ちの良さがありながらAMTに構造が類似しており皮膚刺激は高級アルコール系よりも弱くなっています。石鹸に似ている。


両性活性剤中性


ベタイン系 ラウラミドプロピルベタイン

        コカミドプロピルベタイン

        ココアンホ酢酸Na

        ラウロアンホ酢酸Na
 
        ココベタイン

        ラウリルヒドロキシスルタイン
     

 洗浄力○ 刺激◎ 泡立ち○ 成分解性△ 色持ち◎

損傷毛、デリケート毛

眼への刺激が少なく、皮膚にも優しいことから一般的にベビーシャンプーに使用されている。きめ細かでクリーミーな泡立ちになる。

アミノ酸系  ラウリミノジプロピオン酸Na

 洗浄力○ 刺激◎ 泡立ち△ 成分解性△ 色持ち◎

損傷毛、デリケート毛

両性とアミノ酸の両方の良い点を持ち、眼・皮膚への刺激性がもっとも少ない低刺激性の活性剤です。







■ 今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

■ 参考になりましたら、応援のクリックもお願いしま~す♪
   ↓   ↓

ヘアケア・スタイル Ranking














  
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。