スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただのこだわり?

2008.06.24.Tue.13:57
今月はやっと2回目の更新となります。いぶきちです。

最近美容師の友人と話をしていて思ったんですけど…

僕らが使う道具と言うか材料についてです。これは人によりいろいろ考えがあると思いますが

なんて言うんですかね。職人なんだから使う物にこだわりたいねって話です。

まぁ変なこだわりなんですけどね。

例えば無名の5000円のハサミより名の通った10万円のハサミを使いたいとか…

ノビィのドライヤーよりソリスのドライヤーとか…

メロスのカラーを使うならコレストンをとか…

まぁ…なんの事はない、ただの好き嫌いと言うか、ただのこだわり?

わがままなんですけどね。

でも自分で好きなメーカーもしくはやりやすい手慣れたメーカーの物を使いたいものです。

確かにそうなんですけどね。そこで今回の話なんですが

簡単に話すとその友人の店は5店舗くらいのチェーン店で全部の店の材料を統一しているんです。

材料もメーカーがバラバラよりは全店舗統一した方がメーカー側も割引してくれますからね。

これはカラー剤の話なんですが

やはり一つのメーカーにしていたそうです。

その友人はそのカラー剤が嫌だったらしく

変えようと努力して、やり方とか材料屋さんとの値段交渉とか・・・

なんとか、現行のカラー剤と一人あたりの経費を同じくらいに出来るように動いたんだそうです。

当然いままでのカラー剤はマイナーなやつです。

確かに染まるは染まるけど値段も安い無難なカラー剤。

対して変えようと思っているカラー剤はメジャーで

知らない美容師はいないくらいのカラー剤の中でも1番2番くらいに高いカラー剤。

まぁ値段だけではないんですけどね。

でも彼はみんなも望んでいるだろうとゆう気持ちでそのために奔走していたそうです。

僕も聞いてみた感じ

”確かにそれを使うなら美容師ならこっちを選ぶよね。”

って思いました。

「みんな喜んだでしょ?」

って言ったら…

彼から帰って来たのは、以外な答えでした。


  ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。