スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別化って美容室でも必要ですが

2008.12.23.Tue.10:50
なんでしょうね。いつもの事なんですが

毎回一回で書ききらないし

文章力の足りないせいもあって

書きたいことが上手くかけてないいぶきちです。

題名と内容のニュアンスの微妙な不一致や話の脱線は

いぶきちの性格的な物なので…

すいませんが、その辺のご理解のある方は続きをご覧下さい。


   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
差別化って美容室でも必要ですが

僕らが取り扱っている薬達のメーカーにも当然言えます。

自分所の商品をすべての美容室じゃなくてあえて特定の店だけに扱わせる。

いくら新しい商品を開発してもそれが良くても…

これは会社によるでしょうが

普通はとにかく売りたい訳ですからどの美容室でも売ります。

当たり前ですが

北海道から九州までその商材を買いたい美容室があれば

どんな美容室でも取り引きするでしょう。たぶん

まぁほとんどはそうゆうもんなんですが

やっぱねその中でも稀にマニアックな会社もあるわけで

地域を選ぶと言うか、同じ地域に何店舗も取り引きしない

安売りではなく、ちゃんと商品を理解してくれる店舗に商品を卸す

まぁそうゆう会社はだいたいあまり大きな会社じゃなかったりするんですけどね。

M3Dとかアルマダとかリカールとかもその類いになるんでしょうか。

どこの店もやってる商品じゃない

取り扱いしたくても必ずしも取り引きできる訳ではない会社

その中にも良し悪しはあると思いますけどね。

会社によっては過大広告で

希少価値を煽り大手の情報誌と結託して

ボロい商売をしている所もあるようです。

でもね。どんな商売でもあると思うんですが

儲け主義と職人気質というか

儲けるめには美容室も裏切る会社もあれば

上手く美容室と共存していこうって会社もあるようです。


   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。