スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死の攻防戦

2009.01.22.Thu.11:49
そのまま公園の奥に手を捕まれ入って行ったT

男性の右手にはT左手にはウイスキーかバーボンかわかりませんが

酒瓶が握られていたそうです。


   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
公園の奥まで行くとそこは海!砂浜だったそうです。

男性はそこに腰を下ろすとまた飲みはじめたそうです。

本当は車を降りてからは逃げ出せそうなチャンスは何度かあったそうなのですが

何しろ人気もなくどこだかわからない公園です。

しかも回りには民間らしきものもなく

Tはただ

「もう帰して下さい。お願いします。」

と言い続けるしかなかったそうです。

涙が出てきたそうです。

でもね、さすがに泣きながら訴えると

「わかったよ。帰すよ。」

と、そこにそう何分も留まることなく

帰してくれると言う男性でホッとしたT

車に戻り、帰りの道へ

でもね帰りの道って言っても何処をどう来たのかわかりませんから

まぁ大人しく乗っていたT

男性の帰してくれると言う言葉を完全に信用した訳じゃなかったけど・・・

やはり油断は禁物なようで

男性は牙を剥いてきたそうです。

人気がない通りに入ったなぁと思ったら

男性は何も言わずに車を停めたそうです。

”どうしたんだろう?”

って思ったのもつかの間

男性はすかさずTの座席のサイドレバーを引き

Tを押し倒しにかかってきました。

いきなりの事で動転したTでも必死に抵抗したそうです。

ここでやられてしまっていたらね。

僕も書けませんが

Tは最後まで抵抗したそうです。

比較的Tは女の子にしては力がある方なので

男性の腕を掴んで

力と力の攻防が繰り広げられたそうです。

幸にもこの男性、暴力を振るう人ではなかったようで

どのくらいの時間がたったかはわかりませんが

必死に抵抗し続けたTに男性もついには諦め

「降りろ」


と一言言うとその場にTを置いて車で走り去って行きました。

やっと解放されたT

その後はなんとか最寄の駅までたどり着き家路に着いたとか

「もう車を乗っている人に道を聞かれても絶対無視します」

って言ってました。

そりゃそうだよね・・・


ランキングにご協力お願いします。
   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。