スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルなネーミング

2009.02.03.Tue.10:08
店のメニューでパーマとかカラーとかをオリジナルな名前をつけている美容室ってよくありますよね。

ベタな所で言うと、チオグリコール酸のパーマとシステインのパーマ

どこの美容室にもおいてあるチオとシス

僕が昔働いていた美容室では

普通のパーマはチオグリコール酸のパーマ液で

トリートメントパーマはシステインでって

「お客様に普通のパーマにしますか?

トリートメントパーマにしますか?」

先輩スタイリストも聞いていたし

まぁ・・あの店ではそうゆうシステムだったんですね。



   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
たしかにメーカーのつけた薬剤のネーミングをそのまま使わなくてもいい訳ですからね。

そのメニューは店で勝手につけちゃっていい訳ですよ。

最近のデジタルパーマにしてもそうですが。

ホットロットを使ってかけるパーマはみんな”デジタルパーマ”ってつけても良いし

もしくはオリジナルの名前をつけてもいいし

それは店によってまちまちです。

それを言ったら矯正だってカラーだってですね。

だから同じ名前のメニューでも違った施術だったり

違う名前でも同じ施術だったり店が違う事によりそうゆうことは結構あります。


たいした話じゃありませんが
次回に続きます。
   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。