スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばちゃんイコールクリクリパーマは昔の話

2009.02.23.Mon.23:29
年齢の高いおばさん用のパーマとひとえに言っても

オールパーパスやサイドバックやコーリックの昔ながらのパーマだけでは

今時のおばちゃん達の心はつかめないと思うんですよ。




   ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
60台以上とかならまだしも40?~50台のおばさま方にはダメだと思うんです。

僕らの仕事はいわゆる変化対応業ですから

いつまでも同じ事をしていたらだめなんですよね。

おばちゃんイコールクリクリパーマは昔の話。

昭和の高度成長期の話です。

パーマをかけた人は毎週美容室にシャンプーブローに行ってた頃

その頃多くの女性はシャンプーとセットは美容室で美容師がやっていたんです。

自分で頭を洗わないんです。話が少しそれますが

昔はシャンプーの前は必ずS字のクッションブラシでフケを掻き出す?

と言うかフケを浮き上がらせる?

とにかくよーくブラッシングしてからシャンプーします。

なんせ自分で家でシャンプーしないんですから頭皮にフケがたっぷりこびりついて大変です。

シャンプーは泡立たないし。汚いし

でもそいゆうもんでしたからね。

話を戻します。店でしかセットしない当然自分ではセットしない。

出来るだけセットを長持ちさせたい

だからパーマは強め!美容師がブローすることが前提でパーマは強めです。

デザインは関係ありません。美容師がブローするんですからね。

だから巻き方はオールパーパスでいいんです。ロット幅で根本まで

ただかかっていればいいんだから!

そんなパーマの流れが今でも残っている美容師は結構いるんじゃないでしょうかね。

そりゃ多少は方向性をつけたりはするでしょうけどね。

ただそこにはデザイン性は少ないんですよ。

だって今って自然にドライヤーと手ぐしで簡単なスタイルが好まれる事が多く思われます。

おばちゃんはくるくるしたいが為にパーマをかけるのではなく

ボリュームを出したいが為にパーマをかけたいんだと思うんですね。

確かにカールも入れたいと言う意見もあるとは思いますが

そんなにブローしたい訳ではないと思うんですね。

むしろめんどくさいと思う人がほとんどでしょうね。

でもパーマかけると自分でブローしなくちゃいけない!

そうなんですよね。

ロット幅で根本までのパーマ液をつけまきのベーシックな巻き方だと

ブロースタイル用のパーマなんです。

もしくはウェーブ仕上げですね。てぐしで自然になんてならないですよ。

よーく考えてみればわかるはずです。

例えば自然にボリュームがあっててぐしで後ろに流れる自然なスタイル。

パーマが欲しいところは根元と毛先です。

髪全部を巻いたパーマだと真ん中らへんをブローしてのばさなければないんです。

だったら始めから薬を部分塗布するとかどのくらいの部分塗布が有効かとかね

そうゆう勉強がひつようだとおもうんですよね。




次はカラーです
  ↓   ↓
ヘアケア・スタイル Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。